中国市場における日本化粧品企業のマーケティング戦略

 旨

  本稿は中国市場における日本化粧品企業のマーケティング戦略について論述を展開する。まず、第一章で、中国化粧品市場の現状を少し紹介する。中国化粧品産業は改革開放以来、大きな発展を遂げてきた。化粧品市場は規模が年ごとに拡大し、今後も大きな発展潜在力を持っている。今、中国化粧品市場において、主として日系化粧品、韓系化粧品、欧米化粧品、国産化粧品という四種類の化粧品があり、この四種類化粧品の市場競争が非常に激しい。第二章で、中国市場における日本化粧品を説明する。中国市場で、数多くの日本化粧品ブランドがあり、例えば、SHISEIDO、DHC、コーセー(KOSE)、カネボ(Kanebo)などである。優れた品質、よいマーケティング戦略のために、その市場競争力も非常に強いのである。第三章で、中国市場における日本化粧品企業のマーケティング戦略を詳しく分析する。多様な販売チャネル、マルチブランド戦略、差別化戦略、現地化という四つの方面から説明をする。日本化粧品企業は中国で、コーナー、化粧品専門店、インタネットなどの多様な販売チャネルを開拓した。また、複数のブランドを創立し、市場シェアを拡大する。商品の差別化を通じて、消費者のニーズを満足し、市場競争力を強化する。そして、海外企業として、現地化経営をできるかぎり実現する。第四章で、中国市場における日本化粧品企業のマーケティング戦略から啓示をまとめる。中国化粧品企業は日本化粧企業のマーケティング戦略から市場細分化、ブランド経営などの良い経験を学ぶべきだと思っている。

キーワード:日本化粧品企業 中国市場 マーケティング戦略

はじめに

1.中国化粧品市場の現状

1.1市場規模

1.2競争状況

2.中国市場における日本化粧品

2.1主なブランド

2.2競争力

3.日本化粧品の中国市場に対するマーケティング戦略

3.1多様な販売チャネル

3.1.1コーナー販売

3.1.2化粧品専門店

3.1.3インターネット販売

3.2マルチブランド戦略

3.3差別化戦略

3.4現地化戦略

3.4.1合併ブランドの創立

3.4.2広告宣伝

4.日本化粧品企業マーケティング戦略の中国化粧品企業に対する啓示

4.1 市場細分化

4.2ブランド化戦略

5.おわりに

参考文献

资源下载此资源下载价格为0.99积分立即购买,VIP免费
资源下载
下载价格0.99 积分

原文链接:http://www.elunwen.com/161.html,转载请注明出处~~~

0

评论0

疫情期间优惠活动!原599元包年VIP,现399元;原1599元终身VIP,现999元。随着资源不断增多,随时提价!立即查看
没有账号? 注册  忘记密码?