日本高齢者社会における高齢者の雇用問題について

要旨

日本は積極的雇用政策が注目を浴びることは少なくないが、特に戦後の雇用対策の歴史を概観した上で、雇用対策の特徴を分析することができる。とはいえ、いずれも社会全体を対象につくられたものだから、高齢者向きの雇用政策は整っていなかった。だが、日々深刻化になる一方の日本社会の高齢化にもたらされた一連の変化は必ずしも芳しくなく、政府は高齢者雇用に関しては、以前にはない積極的な対応姿勢を見せてきた。ここで、高齢者雇用を呼びかけ、高齢者をはじめ、多様な働き手を生かすことを重要視に、日々に変化する日本の経済事情にふさわしい雇用、賃金制度の制度改正が始まった。これらの改正はすべて、高齢期の生活設計の大幅な見直しを迫るものだといわれている。改正高齢法は、従来もっとも問題であると考えられていた60歳以上の給付日数の削減・中高年の解雇、倒産による離職に対する高齢者をめぐるセーフティネットの拡充などに有力な補充となり、経済成長には高齢者の力を生かすことが期待される。本稿では、日本における高齢者雇用政策の現状と背景を分析したうえで、高齢者の継続雇用および高齢者雇用安定法の変遷を述べ、日本における高齢者の雇用政策をどのように活用するかを考察したい。

はじめに

1、日本の高齢化の状況と影響

2高齢化の日本社会に対する影響

3、日本の高齢者雇用政策の経緯と改正高齢者雇用安定法

3.1日本における高齢者就業と高齢者雇用の状況

3.2高年齢者雇用法制の動向

3.3高齢法から改正高齢法への変遷

3.4改正高齢者雇用安定法の発展

4「改正高齢法」をめぐる争い及び「高齢法」の活用

4.1「改正高齢法」をめぐる争い

4.2「高齢法」の示唆するもの

まとめ

参考文献

资源下载此资源下载价格为0.99积分立即购买,VIP免费
资源下载
下载价格0.99 积分

原文链接:http://www.elunwen.com/159.html,转载请注明出处~~~

0

评论0

疫情期间优惠活动!原599元包年VIP,现399元;原1599元终身VIP,现999元。随着资源不断增多,随时提价!立即查看
没有账号? 注册  忘记密码?