中日貿易摩擦の要因に関する分析

要旨

1972年9月に日本首相の田中角栄は訪中してくれた。この時点から中日両国は二戦終結以降に、長期以来の対抗を終結していた。両国の間に正常的な国交を立てて始めてきた。中日両国は政治、経済および文化などの面に関係をよく改善させられて、交流と合作をスタートしている。

また、上世紀の70年代の末では、鄧小平の指導の下に、中国大陸が改革開放の政策を実施して始めていた。中国の経済は日増しに成長して、驚いたスピードにて世界の人々に注目されてきた。中国経済の迅速な発展に伴い、中国製の製品は世界の各国に輸出されるようになった。一衣帯水の隣国とする日本も中国の輸出国になった。当然、輸入国として、日本から様々な製品も中国に輸入して大人気を受ける。

しかし、中日の間の輸入と輸出する国際貿易はずっとうまく進めているわけではないで、常に摩擦も起こっている。中日貿易摩擦の要因はなんだか、また我が国として、どのような対策を立てたら良いのか、本文はこれを研究していきたいだ。文章は三つからなる。まずは中日貿易の現状を簡潔に述べる。そして、中日貿易摩擦の要因について分析する。最後に我が国の正当な利益を守るための適当な対策について提案してみる。広大な企業と民衆に中日貿易摩擦の要因を理解させて、反ダンピングに勇敢に直面して我が国の利益を守ることに役に立てば幸いだ。

キーワード:貿易摩擦、要因、対策

 

摘要

1972年9月日本首相田中角荣访华,此刻开始中日两国结束了自二战结束以来的两国间的长期对抗.两国之间开始了正常的邦交.中日两国在政治,经济以及文化等方面逐渐改善关系,开始了交流与合作.

又,上世纪70年代末在邓小平的指导下,中国大陆实行改革开放政策.中国的经济日益增长,其惊人的速度引起世界各国人民的关注.伴随着中国经济的迅速发展,中国制的产品远输世界各国.一衣带水的邻国一日本也成了中国的出口国.当然,作为进口国,日本各式产品也进口至中国,广受中国人民喜爱.

  然而中日间的进口,出口国际贸易并非一帆风顺,其间常有摩擦.引起中日间贸易摩擦的原因是什么?我国又该如何采取对策应对之?本文将研究探讨此.文章由三部分组成.首先简述中日贸易的现状.接着对中日贸易摩擦的原因进行分析.最后针对两国间的摩擦,提议在中日贸易中我国该如何维护自身的正当利益.希望借此文帮助我国广大企业主和民众理解中日间贸易摩擦的原因,使大家勇于面对反倾销,维护我国的正当利益.

关键词:贸易摩擦,原因,对策

 

目次

要旨

摘要

はじめに

1.中日貿易の現状

2.中日貿易摩擦の要因について

2.1貿易差額の認識上の食い違いによるもの

2.2経済発展のアンバランスによるもの

2.3貿易構造のアンバランスによるもの

2.4日本政府の戦略的な貿易保護政策によるもの

2.5日本の敏感的な政治事件からの影響

3.中日貿易摩擦への対策について

3.1WTOの規則を熟知して貿易戦の方策を把握する事

3.2中国から多元化の輸出戦略を実行する事

3.3中国企業から反ダンピングに勇敢に直面する事

終わりに

参考文献

………………………………………………………

资源下载此资源下载价格为0.99积分立即购买,VIP免费
资源下载
下载价格0.99 积分

原文链接:http://www.elunwen.com/153.html,转载请注明出处~~~

0

评论0

疫情期间优惠活动!原599元包年VIP,现399元;原1599元终身VIP,现999元。随着资源不断增多,随时提价!立即查看
没有账号? 注册  忘记密码?